日本の行ってみたいビエンナーレ・6選

おすすめ
スポンサーリンク

この記事では、日本で開催されているビエンナーレ(続いているものに限る)をまとめてみました!

 

僕は、今関西に住んでいるので東日本のビエンナーレについてはよく知りませんでした。

 

調べてみると、いろいろ出ててくるもんですね〜。

その中でも、行ってみたいな!と思うものを6つ記録しておきます!!

東日本のおすすめビエンナーレ

みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ

みちのく

どんな芸術祭?

2018年で3回目開催、若いビエンナーレです。

東北芸術工科大学が主催の珍しい展覧会ですね!

2010年から毎年行われている兵庫県の芸術祭です。

六甲山の頂上付近を散策しながら作品鑑賞ができます。

どこに行けばいいの?

メイン会場が山形県郷土館「文翔館」と東北芸術工科大学とその間で開催。

福島現代美術ビエンナーレ

福島ビエンナーレ

どんな芸術祭?

福島県、南相馬市のビエンナーレです。

2018年で10回目の開催。一貫して「自然」をテーマにしている展覧会です!!

2018年は「重陽の芸術祭」と「海神の芸術祭」の二回も開催されています。

どこに行けばいいの?

2018年の「海神の芸術祭」は南相馬市内の朝日座(国登録有形文化財)、南相馬市博物館、銘醸館 二番蔵、埴谷・島尾記念文学資料館、南相馬市民文化会館 ゆめはっとギャラリー、髙島家蔵(国登録有形文化財)、山津見神社の七ヶ所で行われたようです。

中之条ビエンナーレ

中之条ビエンナーレ

どんな芸術祭?

群馬県中之条町で開催されている国際芸術祭です。2018年の時点で総勢160組のアーティストの作品を見ることができます。

かなり大規模な展覧会ですね!

どこに行けばいいの?

 

富士の山ビエンナーレ

どんな芸術祭?

静岡県富士市での大規模なビエンナーレです。

会場は4つのエリアに分かれています。

2018年の開催で、3回目となるこのビエンナーレ。

今後の発展に期待です!!

どこに行けばいいの?

 

西日本のおすすめビエンナーレ

BIWAKO ビエンナーレ

琵琶湖ビエンナーレ

どこが見所?

琵琶湖沿いの滋賀県近江八幡市。

町家の風情が残る街並みの中、ビエンナーレが開催されます。

作品設置場所が、どれも歴史のある建物内です。

古いものと新しいものの融合が心地よいビエンナーレです。

どこに行けばいいの?

 

UBEビエンナーレ

宇部ビエンナーレ

どんな芸術祭?

山口県宇部市でのこの展覧会は、現代日本彫刻展がベースのビエンナーレです。

年々規模(アーティストインレジデンスが追加されたり)が大きくなって行く、ビエンナーレ。

これならも目が離せません!!

どこに行けばいいの?

 

まとめ

いかがでしたか?

日本のおすすめビエンナーレ6選でした。

 

この他にも、ビンエンナーレは開催されているのですが、今回は6つだけ紹介しました。

まだ、続くであろうと予想するビエンナーレです。

 

参考にしていだだければいいなと思います。

タカユキ
タカユキ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!