春です、ゆっくり鈍行の旅

日常
スポンサーリンク

春になってきた。

春といえば、なんとなく遠出をしたくなる時期だ、

と、僕だけかもしれないが

今回は、有給をたっぷり使って久しぶりの鈍行旅をしている。

京都から静岡まで、普通列車と新快速電車を使って約5時間の旅になった。

7時半に電車に乗り、着いたのは昼の1時前だ。

鈍行旅は、あまり優雅にはいかない。

というのも、朝早くから乗れば通勤ラッシュに遭遇するし、昼でも人は多い。

青春18きっぷ

青春18きっぷは、売っている期間が決まっている。

使う場合は、事前に調べた方がいい。

年に3回も、販売していて、大きな駅にある緑の窓口か、赤い券売機で買うことが出来いる。

 

青春18きっぷ 春期

販売期間:2019年2月20日~3月31日

利用期間:2019年3月1日~4月10日

青春18きっぷ 夏期

販売期間:2019年7月1日~8月31日

利用期間:2019年7月20日~9月10日

青春18きっぷ 冬期

販売期間:2019年12月1日~12月31日

利用期間:2019年12月10日~2020年1月10日

こいつを使って、鈍行旅をするのだ。

 

鈍行旅の注意点

鈍行旅では、乗り換えが頻繁にある。

乗り換え時間3分で違うホームなんてのもあり、結構、小走りするシーンもある。

というかことは、当然荷物は少な目に!

鈍行旅は、基本身軽に!

が、鉄則だ。

電車

基本乗る電車は、乗り換えの都合上新快速か普通の二択だ。

なので、座れることはほぼ無いと考えた方がいいだろう。

移動料金は安いけど、移動に時間がかかり、座りにくい!

と、整理して考えるとメリット少し少ない気もするが、

車窓からの眺めを楽しみつつ、ビールを飲むなんて風景をお望みであれば

それは、きっと特急か新幹線を使う以外出来ない事だろう。

特急を買えば青春18きっぷを使って乗ることも出来るらしい。

利用の場合は、駅で聞いてみてほしい。

(僕は使った事がないので、なんとも)

まとめ

春の鈍行旅として、今回は旅先で移動しながら書いてみた。

なんとも、未完成な記事になってしまった。

たまには、旅先からも悪くない。

コメント