古巣の空気、ギャラリーH2Oとヤマゲン・イワオ展

アート

京都の風情ある町屋で、美術作品を見れる場所がある事をあなたは知っていますか。

2019年6月の暑い日。版画家、ヤマゲン・イワオさんの個展を息子と一緒に行ってきた。

息子もDMの絵に惹かれていた為、暑い中ついて来てくれた。

三条富小路の路地の奥に「ギャラリーH 2 O」はあった。古い形のままを残した町家の現代美術ギャラリーだ。

 

細い路地を奥に進むとギャラリーはある。湿った肌に通路から流れる風が心地よい。

路地は、風がよく通り。

香の香りがした。

 

その香りに導かれ奥へと進む。

下から伸びる煙の線を目で追っていくと、玄関にたどり着く。

 

玄関からすぐ、左右の部屋がある。

一つは、茶室。畳の部屋。展示空間。

もう一つは、洋室の展示空間だ。

 

静かな時間を過ごせた。

 

入り口の路地から、すうーっとこの場所に吸い込まれる。

このギャラリーの雰囲気にいつの間にか浸っていた。

 

賑やかな表通りとは反対に、静かに落ち着いた『空気』が漂っていた。

H2Oの玄関
石での看板

御影石で出来た『ギャラリーH2O』の看板。

もし、何かで埋もれたとしても、この看板は、永遠に残り続ける。

和室の展示空間
洋室の展示空間
出迎えていただいた、展示中の版画家。ヤマゲン・イワオさん
ガラス越しに見る洋室の展示作品
和室の展示作品

ギャラリーH2Oのホームページとマップ

この『ギャラリーH2O』はちかじか閉めてしまうらしい。

今年までなのか、はっきり分からないのだが・・・。

 

いい空間なので、閉まる前に行って見てはどうだろうか?

 

タカユキ
タカユキ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント