争い事

 

 

 

 

いつ終わるのかと

待ちわびる人

当事者たちは英雄気取り

かっこいいとさえ思っているのだろうか

赤い煙突から煙たつ

遠くの方で銃声の音

悲鳴

地球が泣いている

 

やがて、人々は諦めて飽きてきて我を忘れて思い出して

静かに息を引き取るのだろうか

 

 

 

 

 

ちょっと解説

2016年の6月13日に書いていたメモです。

この頃何か、事件があったのでしょうか。

それにしても、争い事はこれからも耐えないでしょう。

 

それでも、「争い」は良くないと言い続けることが大事だと思います。

 

当たり前のことを書いてしましました。

2018年10月25日 浮津崇之