木彫のはじめ方ページを作成中です!

「祖母」

詩という備忘録

いつの頃だったか

記憶があやふや

私が幼い頃のことである

私の記念日が近く ある月

祖母が何やら隠し事をしていることに

私は気づいた

気づかなくてもいいのに

私は気づいた

幼い私は

何か探偵めいた きもちになり

家中のクローゼットを調べた

出て来た物は

以前、欲しがっていた

プラスチックのオモチャだった

「見つかってもうたなあ」

と、祖母が私に笑いかける

私はその瞬間の事を今でも

覚えている

苦い記憶として深く脳に刻まれた

なぜか、泣いた

嬉しく、悲しく、申し訳ない気持ちと

後悔と、

しらないふりをする事を覚えた

日であった

スポンサーリンク

ちょい解説

2017年5月15日

祖母の米寿の年に書いたものです。

祖母と言えば、この記憶がよみがえります。

自分の誕生日まで知らんふりしとけば良かったなーと、後悔したんです。

詩という備忘録
スポンサーリンク
Takayuki

芸術の展覧会レビュー、芸術活動に関する人、好きな事コツコツと続ける方法を考える記事を書きます。

Takayukiのフォローお願いします!
Takayukiのフォローお願いします!
スポンサーリンク
美術日和

コメント