帰り道

スポンサーリンク

柔らかい月の光

目に刺さる街灯

夏の生ぬるい暑さ

風が涼しく鼻をくすぐる

私の耳は鳥の声

目の前は、死者を送る場所

この曲は合っている

合っている

いけない・・・に火を付ける

私の至福の時である

家には妻と子が待っている

ちょっと解説

これは、夏の夜いつも帰る道の途中に葬儀開館がありまして

その開会を道を挟んで、眺めていた時に思いついたものだったはずです。

確か・・・。

コメント