わたしの木

 

 

私の目に映るもの

生い茂る木の葉

涼しげに流れる水

力を宿した土

どこまでもこの声を届けてくれる風

 

 

断片的に映るもの

空は黒く

川も濁り

海は荒れ

山は崩れる

 

 

背中に生えた私の木も

枯れ始め

自給自足の日々にも疲れ

そのうち私の目には何も映らなくなるのでしょうか

 

 

何億年も先

この星の全ては土に還ります

マントルに飲み込まれ

全て一つになってしまうのだから

 

 

今を精一杯生きるのです

 

 

 

ちょっと解説

この詩は2016年9月25日に、彫刻のために考えたものでした。

作品展示の際は、縦書きで紙にプリントしたものと作品を一緒に展示しました。