木彫のはじめ方ページを作成中です!

さあ、美術館へ行こう!オススメの本を紹介します。

読書感想

こんにちは。

 

美術館は、いろいろなものがあります。国立や、私立様々ですよね。

その中でも、個人美術館のいうものがありまして、画家や彫刻家個人の美術館のことなんです。

今回のこの記事では、面白そうな美術館、博物館が載っている本を紹介します。

スポンサーリンク

美術館へ行こう 著・伊藤まさこ

美術館へ行こう 著・伊藤まさこ 新潮社出版

この本には、全国24箇所の小さな美術館が紹介されています。

ポケットに財布と電話だけお入れて、気軽に美術館にいってみましょう。

気になった、美術館は、「朝倉彫塑館」「ちひろ美術館」「ベルナール・ビュフェ美術館」あたりです。

美術館の紹介とともに、そこでしか食べられないスイーツも一緒に紹介されています。

私も大好きな美辞術館の一つ、「アサヒビール大山崎山荘美術館」も紹介されていました。

 

スポンサーリンク

あの画家に会いたい個人美術館 著・大竹昭子

あの画家に会いたい個人美術館 著・大竹昭子 新潮社出版

この本は、17人の画家の個人美術館が紹介されています。

画家の生い立ちや、どのような作品なのか詳しく書かれております。

そして、どこに行けば見れるのかと言った情報が紹介されています。

「平賀敬」「神田日勝」「熊谷守一」らの美術館が気になりました。

日本の美術館めぐり 著・浦島茂世

日本の美術館めぐり 著・浦島茂世 株式ガ会社G.B.

 

この本は、全国99館もの美術館が紹介されています。

美術館は、田舎の方にもあるので実際にはもっと多いはずなのですが、それでも99館も載せている本はあまりみません。

個人的に、気になる美術館は、「十和田市現代美術館」「群馬県立林美術館」「鹿児島県霧島アートの森」「金沢21世紀美術館」です。

十和田市現代美術館には、ロン・ミュレック、群馬県立林美術館は、フランソワ・ポンポンの作品、鹿児島県霧島アートの森では、西野康造、アントニー・ゴームリーの作品があります。

それぞれ見たい作家が常設展示しているようです。 

 

展示・ものづくり はじめの一歩 文・石川理恵 写真・金子亜矢子

展示・ものづくり はじめの一歩 文・石川絵里 写真・金子亜矢子 株式会社グラフィック社

 

この本は、美術館とは関係ないのですが

美術館とは違う場所での展示ってどこであるんだろう?

という疑問に答えてくれる本です。

 

10人の様々な作家さんのそれぞれの展示方法が紹介されています。

「自分も展示がやりたいな〜」

と思った時に、自分のできそうな展示スタイルの参考にできそうです。

有名な作家の作品ではなく、もっと短かな人たちの作品に触れるには、

カフェ、雑貨ショップ、自宅、地域のワークショップ、もちろんギャラリーなどなど

よく目おこらして見てみると、いろんなところで展示できるんですね!

 

まとめ

いかがでしたか?

気軽に美術館行く時にちょっと予習していけば

より、理解が深まります。

そんな時に役に立ちそうな本を紹介してみました。

 

個人的に気になったところは、また別の機会に記事にしたいと思います。

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます。

読書感想
スポンサーリンク
Takayuki

芸術の展覧会レビュー、芸術活動に関する人、好きな事コツコツと続ける方法を考える記事を書きます。

Takayukiのフォローお願いします!
Takayukiのフォローお願いします!
スポンサーリンク
美術日和

コメント