iPhoneの計測アプリの精度はどのくらい使えるのか?

日常
スポンサーリンク

仕事で、スケール(巻尺)がすぐ出てこない時や、日曜大工で物を今すぐ測りたい!けど手元に測る物が近くに無い!

そんな時、iPhoneの標準アプリで「計測」アプリがあるのを知っていますか?

今まで、本当に使えるものなのか。わからない状態で、なんとなく遊びで使っていましたが、一度しっかり検証してみることにしました。

標準装備のアプリ「計測」

計測アプリは、カメラの機能を使って物の長さを測ることの出来る(おおまかに)アプリ。

どの程度おおまかなのでしょうか?

アプリを起動したら、まずiPhoneを動かせ!

と、言ってきます。この間、動かし何らかかの基準を決めているのでしょうか

数秒動かし続けていると、立方体のマークが出てきます。さらに動かし続けていると、計る準備ができます。

測りたい長さの端から端まで、プラスマークを押しマーキングするとすぐに寸法が画面に出てきます!

こんな感じに、表示されます!

で、この表示がどれほど正確なのかが知りたいので、差し金(L型の定規)を使って合っているのかを、確認してみました。

キーボードの長さは、11.5センチ

画面の表示は11センチと出ています。

合ってないのか?と思いきや、よく確認してみると、測っている点がずれています。キーボードとの。ズレをよく見ると5ミリほどなので、ほぼ合ってると思います。

横幅はどうか?

アプリでは、27センチですが実際は27.5センチ

5ミリの誤差です。

まとめ

計測アプリは、5ミリほどの誤差があるようです。しかし、ざっくりと測りたい時には使えるアプリですね!

僕としては今回、検証してみたのでとりあえず、誤差の範囲を考慮して安心してアプリを使えます!

とりあえず、自己満足の記事になりました!

コメント